個人情報保護方針

Compliance

個人情報保護方針

2005年4月 1日(制定)
2009年1月16日(改正)
中央債権回収株式会社
代表取締役社長 金子 知之

中央債権回収株式会社は、債権の受託回収及び譲受を行う個人情報取扱業者として、関連法規を遵守し、債務者保護を基本姿勢として、債務者等ご本人に関する個人情報及び従業員の個人情報の保護に努めると同時にクライアントからも求められる個人情報の取扱いに関する適切性の確保を企業全体の最重要項目と捉え、以下の方針をもって、個人情報の取扱いについて、次のように宣言いたします。

  1. 全従業員に対し、個人情報保護の重要性の理解と安全性及び信頼性確保のため、従業員教育の徹底により、当社が策定した「個人情報保護マネジメントシステム」の励行に努めます。
  2. 個人情報の取得は、利用目的を明確に定め、適法かつ公正な手段によってその目的の達成に必要な限度において行います。
  3. 個人情報の利用および提供は、ご本人が同意を与えた利用目的の範囲内で行い、第三者への提供は、ご本人から提供された情報を債権管理回収業務の委託者と共同利用する場合を除き行いません。
  4. 個人情報に対するリスク(個人情報の漏えい、滅失又はき損など)を認識し、リスク防止及び是正のための社内基準や責任体制を確立し、合理的で適正な安全対策を講じます。
  5. 個人情報に関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守し、自ら保有するすべての個人情報を特定するための手順を確立し、維持します。
  6. 個人情報の扱いを外部に委託する場合は、個人情報の保護について充分な措置を講じている先を選定するとともに、委託先に対し、必要かつ適切な監督を行います。
  7. 個人情報の適切な保護を維持するため、経営環境に照らして、個人情報保護マネジメントシステムを見直すとともに、内部監査の実施により継続的な改善に努めます。
  8. 個人情報がもつ、ご本人に対する影響度を厳粛に受けとめ、リスクの発生が個人および社会に与える不利益を正しく理解します。
  9. 個人情報及び個人情報保護マネジメントシステムに関して本人からの問い合わせ、相談及び苦情は、相談窓口を設置のうえ、受付し対応します。