サービス案内

車両引揚業務
弊社は創業以来、車輌担保付オートローン債権(所有権留保)、オートリース債権の回収および担保(目的)物である車輌の引揚を最も得意な分野として、様々なお取引先より業務受託してまいりました。

車輌の回収(引揚)は不動産担保とは異なり、滅失や隠匿、第三者への無断売却などの可能性が極めて高く、車輌確認を行うためには特殊なノウハウが必要であり、車輌確認後もお客様(債務者等)から、引揚について任意承諾を得るために、業法の許された時間内に訪問面談を実施し、交渉を行います。さらに、引揚後の残債務についても支払意志を継続させる必要があることから、非常に高度な折衝技術が求められます。

受託業務である以上、クライアントの信用に傷をつけることないよう、コンプライアンス遵守を第一に考え、債務者との折衝を行い、自主的な返済を促します。

【主要クライアント】
国産自動車メーカー系ファイナンス会社、外国産自動車メーカー系ファイナンス会社、リース会社 等々 

【年間取扱台数】(1月~12月)
2008年  673台
2009年  955台
2010年 1,489台
2011年 1,824台
2012年 2,129台
2013年 2,466台
2014年 2,281台